KISC 公益財団法 かごしま産業支援センター

文字サイズ変更

両立支援で魅力ある職場へ

2019年03月12日

問い
〈問い〉
 従業員が仕事と家庭を両立できる職場をつくりたいと考えます。
答え
〈答え〉
 実現するには、特に、仕事と育児の両立支援が重要です。育児・介護休業法は、子を養育する親であれば、男性であれ女性であれ、育児休業を取得できるとされています。ただ実際には男性の取得率は女性に比べてかなり低い状況にあります。
 男性の育児参画は、女性側に偏りがちな育児や家事の負担を夫婦で分かち合うことにより、女性の就業継続の促進にもつながります。つまりこれからは、女性はもちろん、男性も育児休業を取得しやすい職場環境の整備が求められます。
 国は、男性に育児休業を促す取り組みなど、仕事と家庭の両立を支援している事業主に対し、助成金を支給する制度を実施しています。詳しくは、「両立支援等助成金 厚生労働省」で検索可。これらの制度も活用しながら、誰もが働きやすい魅力ある職場を目指しましょう。
お問い合わせ先

県雇用労政課=099(286)3014。