KISC 公益財団法 かごしま産業支援センター

文字サイズ変更

試験発注制度で販路開拓

2018年12月25日

問い
〈問い〉
 新商品の販路開拓に取り組みたいと考えています。何か良い支援策はありますか。
答え
〈答え〉
 県のトライアル発注制度があります。県内の中小企業が開発した優れた製品・サービスの販路拡大を支援するため、県立高校や福祉施設、県の機関が試験的に発注し、使用後の評価をする仕組みです。
 2005年度からこれまでに159製品を選定しています。採択企業からは「公共機関での使用実績や評価が販路開拓につながった」といった声が多く寄せられています。本年度分は2月下旬から4月上旬に募集し、9社10製品の応募の中から、選定委員会での審議を経て6社6製品を選びました。
 採択企業が県外で開かれる展示会や商談会に参加する場合、旅費や出展料などの経費を一部補助する制度もあります。
 過去の採択製品は県ホームページで確認できます。
お問い合わせ先

県産業立地課=099(286)2964。