KISC 公益財団法 かごしま産業支援センター

文字サイズ変更

KISCNEWS(No.820)

2018年03月02日

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇ 
 
 KISCNEWS(No.820)                 2018/03/02
 
================================== 
 
 かごしま産業支援センターのメール配信サービス「KISCNEWS」を
御利用の方にお届けしています。 
 
◎配信(無料)を希望しない場合、アドレスを変更される場合、御意見があ 
 る場合等は、下記まで連絡してください。 
  mailto:kiscnews@kric.or.jp 
  TEL:099-219-1275 FAX:099-219-1279 http://www.kric.or.jp/
◎このメールは、他に転送しないでください。なお、配信を希望される方に 
 は、こちら http://www.kric.or.jp/mail-magazine/ を紹介してください。
◎このサービスにより生じるいかなる損害等についても、かごしま産業支援 
 センターは責任を負いません。 
 
∞∞∞∞KISCNEWS目次∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
 
◆◇◆ トライアル発注制度ご案内 ◆◇◆
1 平成30年度鹿児島県トライアル発注製品等の募集について
               【鹿児島県 商工労働水産部 産業立地課】
◆◇◆ セミナー・説明会等ご案内 ◆◇◆
2 新入社員セミナー
  「ビジネスに不可欠なマナーとスキルを身につける2日間研修」
                        【鹿児島商工会議所】
3 「平成30年度公募事業説明会」開催の御案内
                    【かごしま産業支援センター】
4 「第4回 かごしまTechミーティング」の参加者募集
              【鹿児島市 産業局 産業振興部 産業創出課】
5 デンソーグループ向け展示商談会の事前ニーズ発信会のご案内について
               【鹿児島県 商工労働水産部 産業立地課】
 
6 よろず支援拠点 ミニスクール開催のご案内 <受講料無料>
                     【鹿児島県よろず支援拠点】
◆◇◆ よろず支援拠点ご案内 ◆◇◆
7 鹿児島県よろず支援拠点による経営相談のご案内
                     【鹿児島県よろず支援拠点】
◆◇◆ 下請代金支払遅延等防止法(下請法)クイズ ◆◇◆
 
∞∞∞∞KISCNEWS内容∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞ 
 
1 平成30年度鹿児島県トライアル発注製品等の募集について
               【鹿児島県 商工労働水産部 産業立地課】
 
 鹿児島県では,県内の中小企業等の振興を促進するため,県内に本社・本
店を有する中小企業等が開発した製品等について,県の機関が試験的に発注
し,販路の開拓や受注機会の拡大を図る「鹿児島県トライアル発注・販路開
拓支援制度」への応募製品等を募集しています。
※本募集は、平成30年度予算成立等が前提となります。
 
■募集期間■
 平成30年2月23日(金)から4月12日(木)まで
 
■応募方法■
 応募用紙を提出していただく際,ヒアリングを行います。
 募集要領や応募用紙など詳しくは、県ホームページをご覧ください。
 
■問い合わせ先■
 鹿児島県 商工労働水産部 産業立地課 産業支援係
  電 話:099-286-2964
  FAX:099-286-5578
  E-mail:sangyo@pref.kagoshima.lg.jp
 
◆――――――――――――――――――――――――――――――――◆
 
2 新入社員セミナー
  「ビジネスに不可欠なマナーとスキルを身につける2日間研修」
                        【鹿児島商工会議所】
 
 貴社の将来を担う新入社員の組織人としての自覚と、企業に貢献する人材
としての意欲向上を図ることを目的としたセミナーを開催します。
 社会人としての心構えや、組織の中での役割・行動、入社してすぐに役立
つビジネスマナー等について、2日間にかけて専門家が講義します。
 
■日  時■ 1日目 平成30年4月3日(火) 9:15~17:00
       2日目 平成30年4月4日(水) 9:30~17:00
■場  所■ 鹿児島商工会議所ビル4階アイムホール・14階大会議室
■受 講 料■ 会員・小規模事業所 6,480円/1名/非会員 12,960円/1名
■問合せ先■ 鹿児島商工会議所 中小企業振興部
       〒892-0842 鹿児島市東千石町1-38 [TEL:099-225-9533]
 
----------------------------------
 
3 「平成30年度公募事業説明会」開催の御案内
                    【かごしま産業支援センター】
 
 かごしま産業支援センターでは、創業・経営革新、研究開発などの中小企
業等のニーズにお応えする総合的支援機関として、平成30年度も各種事業
を実施する予定としております。
 県内中小企業等の皆様の公募事業への御理解と応募に向けた一助とするた
め、下記のとおり公募事業説明会を開催いたします。
 
■日  時■ 平成30年3月15日(木)13:30~17:00
                     (受付開始12:30)
■場  所■ かごしま県民交流センター 2階 中ホール
        (鹿児島市山下町14-50)
■参 加 費■ 無 料
■会 次 第■
 1 開会あいさつ
 2 事業説明
  (1) 新事業創出等支援
   ア 専門家派遣事業
   イ 中小製造業者創業・新分野進出等支援事業
   ウ 起業家スタートアップ支援事業
  (2) 研究開発・技術支援
   ア 新事業研究開発助成事業
   イ 中小企業等外国出願支援事業
  (3) 戦略的産業振興支援
   ア 重点業種研究開発支援事業
   イ 食品加工技術レベルアップ支援事業
   ウ 食のプレミアム商品開発支援事業
   エ 食品関連産業「カイゼン」定着支援事業
  (4) 地域資源活用支援
   ア 地域資源活用・農商工等連携新事業創出支援事業
  (5) マーケティング等支援
   ア 新事業等開拓支援プログラム事業
   イ ベンチャープラザ開催事業
  (6) その他(公募事業以外の説明事業)
   ア よろず支援拠点事業
   イ プロフェッショナル人材戦略拠点事業
   ウ 情報会員支援事業
 3 質疑応答
 4 個別相談会(事前申込みが必要です。)
■申込方法■
 当センターのホームページよりお申込みください。
■問合せ先■
 〒892-0821 鹿児島市名山町9番1号(鹿児島県産業会館2階)
 (公財)かごしま産業支援センター 産業振興課
 TEL:099-219-1272 FAX:099-219-1279 E-mail:ikusei@kric.or.jp
 
----------------------------------
 
4 「第4回 かごしまTechミーティング」の参加者募集
              【鹿児島市 産業局 産業振興部 産業創出課】
 
 鹿児島市では、産学連携の「きっかけづくり」の場として、少人数制の産
学マッチングイベントを試験的に企画しており、下記のとおり、第4回目
(本年度の最終回)を開催します。
 "ライト"な企画として運営していますので、ご興味のある方は、お気軽に
参加申し込みください。
 
■主催等■ 鹿児島市(主催)、鹿児島大学産学官連携推進センター(共催)
■日 時■ 平成30年3月15日(木)17:30~19:00
■場 所■ 鹿児島市役所みなと大通り別館6階 ソーホーかごしま会議室
■募集人数■ 10名程度(鹿児島市外の企業様も参加可)
■今回のテーマ■ 「高齢者介護に関する福祉機器、介護ロボットの開発」
■今回のゲストスピーカー■
 吉満 孝二 氏(鹿児島大学医学部保健学科作業療法学専攻 助教)
■今回のキーワード■
 福祉機器、介護ロボット、センシング、高齢者の見守り、産学連携
■参加を想定している企業(イメージ)■
 (1)高齢者分野に自社の技術を展開しようと考えている企業
 (2)大学と連携して、経産省、厚労省の助成を受け、福祉機器開発をした
   いと考えている企業、医療・福祉施設
 (3)センシングやAIでイノベーションを考えている企業
■申込方法■
 3/8(木)までに、所定の「お申込み用紙」にて運営事務局まで
 お申込みください。
■ホームページ■
■お問い合わせ先■
 鹿児島市産業創出課(担当:宮前、電話:099-216-1319)
 
----------------------------------
 
5 デンソーグループ向け展示商談会の事前ニーズ発信会のご案内について
               【鹿児島県 商工労働水産部 産業立地課】
 
 九州自動車・二輪車産業振興会議では、地元企業の取引拡大を図るため、
デンソーグループ向けの展示商談会を平成30年8月に開催予定です。
(募集開始は4月予定)
 この展示商談会に先立ち、デンソーグループの調達方針や展示商談会で求
める技術提案の内容等に関する説明会を下記のとおり開催いたします。
 デンソーグループの調達の考え方や求めるニーズが分かる絶好の機会です
ので、出展をご検討される企業の皆様におかれましては、ぜひともご参加い
ただきますようよろしくお願い申し上げます。
 なお、鹿児島と福岡の2会場で開催しますので、参加を希望される方は、
どちらかご都合の良い会場の担当へお申し込みください。
 
※詳細については、こちらのホームページをご確認ください。
 
■鹿児島会場■
 1.開催日時  平成30年3月22日(木)14:00~16:00
 2.開催場所  ホテル ウェルビューかごしま 2階会議室「潮騒」
       (鹿児島市与次郎二丁目4番25号)
 3.募集人数  50名程度
■福岡会場■
 1.開催日時  平成30年3月23日(金)14:00~16:00
 2.開催場所  福岡県中小企業振興センタービル 301号室
 3.募集人数  100名程度
■対象企業■
 デンソーグループ向け展示商談会への出展を検討している九州内の企業
 (15社~25社程度)で、デンソーグループニーズに合致する企業
■開催内容■
 (株)デンソー様からは、グループの調達方針やグループが求める技術ニーズを、
 事務局からは、展示会の概要や今後のスケジュールをご説明いたします。 
■問い合わせ先■
 鹿児島県 商工労働水産部 産業立地課 技術振興係 担当:柳村
 TEL:099-286-2970 FAX:099-286-5578
 
----------------------------------
 
6 よろず支援拠点 ミニスクール開催のご案内 <受講料無料>
                     【鹿児島県よろず支援拠点】
 
 鹿児島県よろず支援拠点では、「売上アップ」につながるミニスクールを
開催します。少人数でのミニセミナーです。お気軽に、ご参加ください。
※お申込みは、こちらのホームページをご覧ください。
 
■開催日・テーマ■
 ●3月 6日(火)【店 舗】
   商品POPで注目!思わず手に取る!
   買ってしまうキャッチコピーとPOPづくり!
 ●3月13日(火)【店 舗】
   品揃えとレイアウト改善で広いお店に変身!
   思わず奥まで歩いてしまう通路でもっと買わせよう!
 ●3月20日(火)【店 舗】
   心のこもった接客で人気店に!お客様の買う気がどんどん高まります!
 
 ※関心のあるテーマ・日付けをお選びの上、お申込みください。
 
■開催時間■  18:00 ~ 19:00   
■開催場所■  鹿児島県産業会館 7階会議室(鹿児島市名山町9-1)
■定  員■  15名 ※定員になり次第、締め切らせていただきます。
■対 象 者■  小規模事業者、創業を目指している方 
■お問い合わせ・お申込み先■
 〒892-0821 鹿児島市名山町9番1号(鹿児島県産業会館1階)
 鹿児島県よろず支援拠点 電話:099-219-3740
 
◆――――――――――――――――――――――――――――――――◆
 
7 鹿児島県よろず支援拠点による経営相談のご案内
                     【鹿児島県よろず支援拠点】
 
 「よろず支援拠点」は、国(中小企業庁)が中小企業・小規模事業者への
経営支援体制の一層の強化のため、全国47都道府県に各1ヶ所設置するも
ので、県内では、公益財団法人かごしま産業支援センターに開設しておりま
す。
 『鹿児島県よろず支援拠点』には、中小企業支援のコーディネーターを複
数人配置して、中小企業等の売上拡大、経営改善など経営上のあらゆるご相
談に応じます。
 相談は、無料です。お気軽にご相談下さい。
○相談窓口については、こちらのページをご覧ください。
 
■問合せ先■
 鹿児島県よろず支援拠点
 〒892-0821 鹿児島市名山町9番1号 県産業会館1階
 電話:099-219-3740 FAX:099-223-7117
 http://www.kric.or.jp/yorozu/  E-mail:yorozu@kric.or.jp
 
 
◆――――― 下請代金支払遅延等防止法(下請法)クイズ ―――――◆
 
★次の親事業者の事例は、下請法上問題があるものでしょうか。
 
Q  衣料品等の製造を下請事業者に委託しているB社は,販売期間終了後,
  下請事業者が納品した衣料品等の在庫商品の返品を行うに当たり,下請
  事業者に対し,返品にかかる送料を負担させた。
 
A 下請法上問題がある
  (第4条第2項第3号不当な経済上の利益の提供要請の禁止)
 
 (解説)親事業者は,下請事業者に対して,自己のために金銭,役務その
     他経済上の利益を提供させることにより,下請事業者の利益を不
     当に害すると「不当な経済上の利益の提供要請の禁止」に違反し
     ます。販売期間が終了し,在庫となった商品を納品した下請事業
     者に返品するための送料を負担させることは,下請事業者の利益
     を不当に害するものであり,不当な経済上の利益の提供要請に違
     反することとなります。なお,この事例は,販売期間終了後の在
     庫品の返品であることから,返品の禁止※(第4条第1項第4号)
     にも違反することとなります。
     ※親事業者は,下請事業者から納入された物品等を受領した後に,
      その物品等に瑕疵があるなど明らかに下請事業者に責任がある
      場合において,受領後速やかに不良品を返品することは問題な
      いが,それ以外の場合に受領後に返品すると「返品の禁止」に
      違反します。
 
■下請法の相談はこちらに■ 公正取引委員会事務総局 九州事務所 下請課
              TEL:092-431-6032 http://www.jftc.go.jp/
 
 
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

KISCNEWS(No.820)

KISCNEWS(No.820)